業務案内

金融商品仲介業(IFA)制度の概要

IFA

IFA=Independent Financial Advisor(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)

IFAとは独立・中立的な立場から資産運用のアドバイスを行う専門家です。日本では「独立系ファイナンシャルアドバイザー」とも呼びます。

日本でのIFAというのは、内閣総理大臣の登録を受けて証券会社や銀行と業務提携を結び、株や債券、投資信託などの売買の仲介を行う金融商品仲介業者に所属する外務員のことです。簡単に言うと、金融機関から独立した資産運用アドバイザーであり、金融商品の仲介も行える業者です。

IFAは単にアドバイスするだけでなく、提携している金融機関の有価証券などの金融商品を選択して、顧客のために売買の仲介が可能です。しかも、提携する金融機関は複数で、金融機関からの独立性を重視しています。証券会社の営業方針に縛られることなく、
投資家の視点に立ってのアドバイスが可能です。

金融先進国である欧米では、IFAが弁護士や税理士と並ぶ地位を確立し、投資家にとって重要な役割を担っています。

IFAは特定の金融機関や資産運用会社から完全に独立しているため、投資家にとって最も適切な金融商品や運用方法の提案が可能だからです。IFAはお客様の立場に立って、ご希望に合った金融商品の提案が可能です。また、原則転勤や人事異動がないので、お客様と長期的なお付き合いができます。

地域に根付き、お客様の信頼の輪を広げ、世代を超えたお付き合いをさせていただく。それが私たちIFAの目指すところです。

 


 

SBI証券仲介業
株式会社アイエルアイパートナーズ(金融商品仲介業者)
登録番号 福岡財務支局長(金仲)第56号


当社は所属金商品取引業者の代理権は有しておりません。金融商品仲介業者は、いかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関して、お客様から金銭若しくは有価証券の預託を受け、又は当該金融商品仲介業者と密接な関係を有する者として政令で定める者にお客様の金銭若しくは有価証券を預託することはできません。
PAGE TOP