SBI証券 口座開設(IFAコース)

SBI証券 口座開設はアイエルアイパートナーズで!

ネット証券最大手の実力 SBI証券

SBI証券が選ばれる理由



※比較対象範囲は、主要ネット証券5社との比較となります。
 「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。(2016/3/31現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)
 ※国内株式の委託個人売買代金シェアは、2016年3月期通期 (2015年4月~2016年3月)のデータになります。


SBI証券はサポート体制も万全


  • リックテレコム主催「コンタクトセンター・アワード2015」で「最優秀オペレーション部門賞」を受賞
  • コンクール入賞者も多数在籍
コンクール入賞者を多数そろえて、お客様からのお問合わせには万全のサポートをご用意しております。
WEBサイトを見ただけでは分からない事は、お気軽にお電話でお問合せください。
  • SBI証券では万が一メインサイトが不測の事態に陥った時でも、バックアップサイトを利用すれば、 インターネットでお取引いただけるので安心です。
  • インターネットでの取引が不安な方は取引ができるPCを制限することで、安心してご利用いただけます。
SBI証券│HYPER SBI
SBI証券│HYPER SBIは直感的な操作で発注できる!
板情報画面でのドラッグ&ドロップのマウス操作だけで発注、指値変更、取消が可能です。チャート等一覧画面で注文一覧ビューを表示すれば、複数銘柄の発注後のウォッチも簡単!
SBI証券│HYPER SBIは売買シグナルが一目瞭然!
表示出来るテクニカル指標は40種類以上。複数同時表示も可能なため、さまざまな指標で売買のシグナルをご確認いただけます。
SBI証券│HYPER SBIは投資機会を逃さない!
「株価・市況」・「信用建玉評価損益」・「注文」に対して条件を設定して通知する事が可能です。
メールでも通知が可能なため、外出先でも売買のタイミングを逃しません。
SBI証券│SOR注文のイメージ
SBI証券のSORとは?
「SOR(スマート・オーダー・ルーティング)注文」とは、複数市場から最良の市場を選択して注文を執行する形態の注文です。SBI証券では、証券取引所(SBI証券優先市場)と「ジャパンネクストPTS」の第1市場(J-Market)および第2市場(X-Market)で提示されている気配価格等を監視し、原則、最良価格を提示する市場を判定して、自動的に注文を執行します。 注文を行う際、事前に各市場の価格を見比べることなく、自動で最も良い条件の市場へ注文が行える(※)ようになります。

(※)SOR判定は、「価格」だけではなく、「約定可能性」についても考慮しますので、必ずしも「価格」が有利な市場に発注されるわけではございません。
また、一部例外もございますので、こちらのお取引ご注意事項をご確認ください。
SBI証券│SOR判定に伴う手数料についての注意事項
フリーダイヤル0120-15-8888
SBI証券ならメリットがいっぱい!NISA口座
NISAについて│SBI証券 口座開設
NISAってどんな制度?│SBI証券 口座開設
NISAのイメージ
NISAのイメージ
NISAQ&A│SBI証券 口座開設
NISA口座(少額投資非課税口座)を開設するメリットは??
証券会社では、NISA(ニーサ)の対象となる多くの金融商品を取り扱っておりますので、資産運用ニーズに合わせて、制度を最大限にご活用いただけます。SBI証券なら、ネット証券屈指の豊富な商品ラインナップを低コストでお取引いただけます。
国内株式の信用取引は対象になりますか。
信用取引はNISA(ニーサ)制度の対象とはなっていません。※現引き・現渡しも対象外です。
海外ETFも対象になりますか。
海外ETFもNISA(ニーサ)制度の対象となります。
毎年120万円の非課税投資額を使わなかった場合、翌年に繰り越して利用できますか?
使わなかった投資枠を繰り越すことはできません。
売却後に非課税投資枠を再度利用することはできますか?
投資期間内であっても、一度、売却した投資枠を再度利用することはできません。120万円の投資額は「新たな買付け」を行うことができる投資枠とご理解ください。 例)NISA口座(少額投資非課税口座)で株式を80万円で買付し、同一年内に売却した場合 NISA口座では同一年内に40万円(=120万円-80万円)以内で新たに買付ができます。 したがって、売却した80万円の非課税投資枠は再利用できません。
5年の非課税期間を経過したときに保有している金融商品はどうなりますか?
5年を経過した際に保有していた金融商品は下記のいずれかの取扱いになります。
◆翌年開始される新たな投資枠に年120万円の投資額を上限に移管することができます。
◆一般口座や特定口座に移管することができます(実際にお買付けされた価格や日付ではなく、制度上、移管した金融商品の取得価格は移管時の時価となり、取得日は移管日となります)。 。

■□NISA口座のご注意事項■□
NISAで上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。
・一度NISA口座を開設した場合、最初の4年間(2014/1/1から2017/12/31まで)は、他の金融機関にNISA口座を変更・開設はできません。(※平成26年度税制改正により、他の金融機関への変更・開設が可能となりました。この改正は、平成27年1月1日以後に適用されます。)
・平成27年1月以降は、所定のお手続きにより金融機関の変更が可能ですが、 金融機関の変更により、複数の金融機関でNISA口座を開設されたことになる場合でも、各年において1つのNISA口座でしかお取引いただけません。また、NISA口座内に保有されている商品を他の金融機関に移管することもできませ ん。なお、金融機関を変更される年分の非課税管理勘定にて、既に金融商品をお買付されていた場合、その年分について金融機関を変更することはできません。
・万一、複数の金融機関で重複してNISA口座をお申し込みの場合には、SBI証券にNISA口座を開設できない場合があります。その場合でも金融機関の変更ができません。また口座開設が大幅に遅れる可能性があります。すでに他の金融機関に口座開設の申し込みをされたお客様は、SBI証券への NISA口座開設のお申し込みとあわせて、当該金融機関へのキャンセルのご連絡をおねがいいたします。

フリーダイヤル0120-15-8888

SBI証券の投資信託が選ばれる理由とは?

SBI証券の投資信託

SBI証券は主要ネット証券※屈指の取扱本数

SBI証券 取扱い本数2,436本(2017/1/26現在)
(募集中のファンド・外貨建MMF・MMF・中国Fを含みます。)

主要ネット証券屈指の取扱本数で、手数料無料の銘柄や積立買付銘柄も充実しています。


SBI証券の投資信託は500円から積立できる

SBI証券は500円から積立可能!

SBI証券の投信積立は500円から積立可能なものもございます。

IFAコースとは?

SBI証券と提携している金融商品仲介業者専用のコースです。従来のインターネットでのお取引に加え、金融商品仲介業者(株式会社アイエルアイパートナーズ)へ相談が可能なコースです。
★金融商品仲介業についてはこちら
★IFAコースについて詳しくはこちら
★IFAコース手数料についてはこちら

IFAコース手数料

SBI証券口座開設までの手順

  1. 【1】まずは口座開設資料をご請求ください。口座開設の費用はかかりません。
  2. 【2】約5日程度で口座開設申込書がお手元に届きますので、必要事項をご記入・ご捺印の上、本人確認書類(運転免許証・健康保険証のコピー等)を添えて、同封の返信用封筒にてご返送ください。
  3. 【3】口座開設申込書をご返送いただいてから約10日程度で、口座番号、パスワード等が記載された「口座開設手続き完了のご案内」をお送りいたします。
  4. 【4】SBI証券での取引開始!
    *SBI証券WEBサイトに始めてログインする際に、勤務先や出勤先の金融機関などを初期設定画面でご登録いただく必要がございます。
      ご登録完了後、指定口座へご入金いただければお取引が始められます。

※当ページ経由で口座を開設されると、アイエルアイパートナーズの金融商品仲介口座となります。
※SBI証券と提携している金融商品仲介業者専用のコースです。従来のインターネットでのお取引に加え、金融商品仲介業者(株式会社アイエルアイパートナーズ)へ相談が可能なコースです。

IFAコースの手数料はこちらからご覧下さい。

アイエルアイパートナーズの金融商品仲介業に関する明示事項
アイエルアイパートナーズの投資勧誘方針
アイエルアイパートナーズの個人情報保護方針および個人情報の利用目的